×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ジャイプール滞在中、俺とKはこの日もサミュエルの運転する車に揺られていた。

俺は助手席、Kは後部座席。茶褐色の土と岩が左右を流れていく。

今もマハラジャが住むという壮大な城。

湖面にぽつんと浮かぶようにして建つ白い宮殿。

褐色の町並みに、リクシャーは絶え間なく流れる。

ピンクシティ・ジャイプール

その活気に圧倒されながら、外を眺めていた。

眺めて


きゅきゅっ

ってあれ??

突然サミュエルが車を路肩に止めた。

前に男が一人立って近づいてくる。

全身濃い青のしゃきっとした服にベレーのような帽子。

立派な口ひげを生やしたその男の職業を理解するのに、

さほど時間はかからなかった。

警察





ったく何やってんだよサミュエル。面倒起こすなって。巻き込まれるのとか ほんと勘弁だからさぁ、っはっはっは。



とか思いながら窓の外を見ると、

警察のおじさんがこんなジェスチャーをしてた。

手を

左肩から右の腰へ

シュッ、て。

俺の方を見て。

シートベルトしてねー

結局サミュエルが必死に弁解してくれて

本当なら罰金1000ルピーのところを

100ルピーにまけてくれた。(まけすぎ)



1個前へ 次へ
インドトップへ