×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



※お食事中の方はご遠慮ください※



インド、バラナシ滞在中。

この日も俺は一日中ガンガーを眺めては、

ぶらぶらして過ごしていた。

晩飯の時間が近づき、適当にレストランに向かう。

細い路地の行き止まりの店に入った。

隠れ家みたいなこの店は楽器屋兼レストランで、

観光客向けに楽器のレッスンもしてくれる。

屋上で、沈み行く夕日を背に、

ガンガーを眺めながら一人食べるカレーが最高だ。

食後の熱く甘いチャイが、

昼間の突き刺すような陽射しに焼かれた体を

癒してくれる。

暑い日に熱いチャイ。

インドではなぜかこれが合う。

チャイがなくては始まらないし、

終わりもしない。

とりあえずチャイ。

そんな感じ。



椅子に身体を預けたまま、

暗くよどんだ聖なる河と、

その上に浮かぶ一本の長細い雲を眺めていた、

その時。

ピキッ

一すじの痛みが、胴を走りぬけた。

ピキッ

いたっ

出所は左下腹部。

痛みは徐々に周期を短くしながら、

さらに下方へ下方へと集約されて行く。

ビキッ

まずい・・・!

こ、これは・・・!昨日のラッシーがあたったか・・・!?

思わず腹を抑えて前のめりになる。

臀部の緊張が高まる。

ズキッ!

ぐぅぉぁっ・・・!

今や俺の大腸のぜん動運動は最高潮を迎えていた。

大臀筋は必死にこらえ、

少しの振動も命取りだった。

ここへきて、俺の脳は緊急事態を発令した。

危険レベル4。迅速かつ慎重に危険回避場所へ向かえ!!

俺は走った。階下のトイレに向かって。

つづく



1個前へ インドトップへ 次へ