×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




tabiato5 in kyu-syu
+-- 一人歩き --+


門司から電車で一駅、門司港駅に着く。ここの駅舎は文化財かなんかに指定されてて それなりに趣がある。昔見た記憶もある。

天気が良くて、空と雲が死ぬほどきれいだった。それを反射する海も、 中身は別としてきれいに光っていた。

船で関門海峡を渡る。壇ノ浦より少し南の唐戸町という所に着いた。長府は北に10キロ以上ある。 とりあえず、歩いて関門海峡大橋の下まで行って、そこからバスに乗ることにした。

海岸沿いを歩く。途中「安徳天皇陵」による。 ここには、源平騒乱の時代、わずか7歳にして平家一族と共に壇ノ浦に沈んだ安徳天皇が祭られている。 その小高い丘からは、対岸の九州と、かつての合戦が嘘のように平和な海を、望むことができる。

神妙な面持ちで神社を歩く。と、きれいな巫女さんがいたので、つい話し掛けた。

「すいません、正式な参拝ってどうやるんですか?」
「二拝二拍手一拝です」
「あ〜そうですよね。(二拝・・・二拍手・・・一拝・・・っと)。ありがとうございました。」

得した気分で陵を去った。


門司港駅
関門海峡
安徳天皇陵
よくわかんない

1個前へ 九州と屋久島トップへ> 次へ